panelarrow

人気国家資格の難易度を紹介

人気の国家資格の難易度を紹介しております。

司法書士の難易度

| 0 comments

司法書士は皆さん知っていると思います。
不動産や会社の登記などを専門に行ない、簡単な簡易裁判なら弁護することもできます。
非常に格式が高い国家資格です。

それに比例して司法書士の難易度はかなり高い。

以前紹介した行政書士や社会保険労務士よりも
格段に難易度が高くなっております。

この司法書士は、天才的に学習ができる方か、
大学時代法学部でしっかりと法律を学習した方でない限り、
合格するのは難しいと思います。
合格率は2~3%で、そのほとんどは昔から法律を学んでいる方です。
多分、試験の難易度で言えば、新司法試験に合格するよりも難しいかもしれません。
日本の数ある国家資格の中でも、その難易度は上位に位置します。

しかし、それでも仕事に関して飽和状態で、
大変な思いをして合格しても、収入に関してそれほど魅力はありません。
今は弁護士でも生活できる収入を得られない方が沢山いますので、
司法書士はなおさらその傾向にあります。

現在はどの士業も供給が増え、需要が減っている状態ですので、
本気で司法書士の仕事をしたいという方でない限り、
目指すのは止めた方が良いでしょう。
現状は、かなり厳しい状況です。

コメントを残す

Required fields are marked *.