panelarrow

人気国家資格の難易度を紹介

人気の国家資格の難易度を紹介しております。

2015年1月14日
by sikaku
0 comments

マンション管理士の難易度

マンション管理士という資格をご存知でしょうか?
マンション管理士というのは、
その名の通り、マンション管理のコンサルタントで、
主な業務は、例えばマンション管理組合へのサポート、
住民同士のトラブルの仲介、大規模修繕の計画・立案などです。

誕生して間もない資格というとことで、
知らない方も多いですが、列記とした国家資格です。

しかし、まだ知名度が少ないということもあり、
仕事の需要が決して多いわけではありません。
マンション管理士として開業して、専業で行なっていける方は
まだまだごく一部です。

しかし、試験の難易度は高い。

マンション管理士の試験は、
実務と直結している問題が多く、
実務経験をしている方でないと問題を解くのが難しいのです。

合格率は1ケタ台で、合格者はマンション管理の経験がある
年配が多いようです。

ですから、マンション管理に合格するためには、
実務経験がある講師に学ぶ必要がありますので、
通信講座を受講するべきです。

そうすれば、実務経験がなくても合格できる可能性は十分にあります。

2015年1月14日
by sikaku
0 comments

宅建の難易度

宅建は比較的合格しやすい国家資格です。
合格率は10%台と低いですが、それは受験者のレベルが低いからであって、
決して合格できない試験はありません。

個人差がありますが、独学でも半年くらいそこそこ学習を頑張れば、
知識がまったくない方でも合格できると思います。
ただ、現状はそれでも2割くらいの方しか合格できていいません。

以前ある不動産業者の方と話をしたときに、
何故多くの方は宅建に合格できないと聞いたのですが、
試験を舐めていて、しっかりと勉強しないからだと言っていました。
特に不動産会社で働いている方は、なまじ中途半端な知識があるので、
合格できると思い込んでいるようです。

ですから、宅建に合格したければ、
慢心せずしっかりと学習を続ける事です。

不動産会社に働いていれば、
必要な資格ですし、長くても半年くらいしっかりと学習すればよいので、
是非頑張ってください。
学習量さえこなせば必ず合格できる国家資格です。

2015年1月14日
by sikaku
0 comments

司法書士の難易度

司法書士は皆さん知っていると思います。
不動産や会社の登記などを専門に行ない、簡単な簡易裁判なら弁護することもできます。
非常に格式が高い国家資格です。

それに比例して司法書士の難易度はかなり高い。

以前紹介した行政書士や社会保険労務士よりも
格段に難易度が高くなっております。

この司法書士は、天才的に学習ができる方か、
大学時代法学部でしっかりと法律を学習した方でない限り、
合格するのは難しいと思います。
合格率は2~3%で、そのほとんどは昔から法律を学んでいる方です。
多分、試験の難易度で言えば、新司法試験に合格するよりも難しいかもしれません。
日本の数ある国家資格の中でも、その難易度は上位に位置します。

しかし、それでも仕事に関して飽和状態で、
大変な思いをして合格しても、収入に関してそれほど魅力はありません。
今は弁護士でも生活できる収入を得られない方が沢山いますので、
司法書士はなおさらその傾向にあります。

現在はどの士業も供給が増え、需要が減っている状態ですので、
本気で司法書士の仕事をしたいという方でない限り、
目指すのは止めた方が良いでしょう。
現状は、かなり厳しい状況です。

2015年1月14日
by sikaku
0 comments

社会保険労務士

社会保険労務士はコンサル系の国家資格で、
企業の労務管理や労働保険などを代行するお仕事です。

この社会保険労務士試験の難易度もかなり高い。
学習範囲が広く、覚える事や理解することが沢山あるので、
1年間学習しても合格できない方は沢山います。
というより、そうした方の方が多いと思います。

社会保険労務士に本気で合格を目指すなら、
1年間しっかりと学習計画を立て、
その決めた時間や内容を必ず実行するための決意が必要です。

少なくてもテレビやインターネットを見る時間、
趣味の時間、お酒を飲む時間なども
ほしいといっているようでは到底合格出来ません。

最低でも1年間は、プライベートを捨てる覚悟がない方は、
社会保険労務士に挑戦すること自体諦めてください。
特に専門的な知識がない方は、プライベートどころか、
寝る時間も削って学習しなければいけません。

学生時代から学習が得意だとか、成績優秀で一流大学卒業したとか、
そうした方以外、合格するのがかなり難しい国家資格です。

2015年1月14日
by sikaku
0 comments

行政書士の難易度

行政書士は、法律系の国家資格の中で
入門的な位置づけです。

しかし、入門といっても法律系だけあり難易度はかなり高い。
合格率は毎年ほぼ1桁ですし、中には5%をきる年もあります。

仕事としての需要は高いとは言えませんが、
それに反比例して難易度は高くなっております。

次にどのような学習をすれば良いかですが、
行政書士試験に1発合格を目指そうと思えば、
まず独学では無理です。

法律の専門知識があれば合格できる可能性も高いですが、
そうした方たちでも普通に不合格になる試験です。

ですから、行政書士は通信講座で学習するのがベストです。

通信講座なら隙間時間を使って、
仕事を持っている社会人でも少ない時間で効率よく学習することが出来ます。

多少お金はかかりますが、少ない事件で
行政書士のように難易度が高い試験に合格するためには
仕方ありません。

もちろん、独学で合格することも可能ですし、
そうした方も沢山いますが、
それなりの知識があり、1年近く学習を続ける必要があります。
それを実施するのは、並大抵の事では実施できません。

お金を使って時間と合格を買えるなら安いものです。

難易度の高い国家試験に合格するためのコツは、
お金を使って通信講座を受講することです。
それしか方法はありません。